徒然

Amazonで購入した本の梱包が怖すぎる件

Amazonの梱包で残念に思うことが続くので

愚痴記事書きます。

わかる!とお思った方はお付き合いください。笑

2020年の2月を最後に私はアマゾンで書籍や高額商品を購入していません。

(電子書籍や消耗品は購入しています。)

そのきっかけが梱包です。

文庫本を2冊注文しました。

届いたのはダンボール。

ダンボールに文庫本2冊入れて送ってきたのかと

不思議に思いつつ箱を開けると

文庫本がそのまま入っていました。

固定もされず、袋に包まれることもなくそのまま。

ダンボールのなかで自由に転がっています。

・・・

・・・えー?自由すぎない??

ダンボールの中で本がぐるぐるしてますけどーみたいな。涙

全くサイズの合わないダンボールに文庫本そのまま入れるとは。

本がボロボロになっていて悲しい。

「固定してほしい」と書いて

文庫本は返品しました。

私も反省しました。

文庫本2冊の注文は単価低いし申し訳ない。

その後アマゾンで本を注文するのやめました。

先日久しぶりに4000円の画集を注文しました。

最近、日用品を注文しましたが普通に固定されていたから大丈夫かなと思ったんです。

届いた画集は

薄いダンボールにそのまま入っていました。

・・・

・・・

書籍は固定しない方針?

梱包の丁寧さに値段は関係ないようです。

1000円の洗剤はキッチリ固定されて届いたのに・・・。

アマゾンの梱包の方針がわかりません。

Amazonさんは梱包にばらつきがあると思って利用するしかないですね。

アマゾンで書籍や高額商品は注文しないという結論で2021年を終えることになりました。

今後も消耗品のみの注文になりそうです。

Amazonの良い点は返品がスムーズなことです。

購入履歴から返品手続きできます。

明らかに不備や問題があれば返品できます。

勿論返品はしたくないので

サイズにあった適確な梱包お願いします・・・。

では〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。