魔女の12ヶ月

徒然

9月21日はマーボン祭り・秋分の日

マーボンとはケルトの神でウェールズ地方で信仰されていた狩りの守護神です。
この祭りでは日増しに短くなる太陽の光を惜しみ実りを与えてくれた太陽に感謝します。

樹木が葉を落とし実や種を結ぶこの時期。
冬の寒さに耐え来るべき春を待ちます。

マーボンの祭り以降、太陽の光は日に日に弱くなりバランスは闇の方向に傾いていき輝かしい夏に別れを告げることから
そこにある種の悲しさが付きまといます。
マーボンは日の沈む西の方向におり死者にとっては魂が旅する方角に当たるのです。

太陽の光の恵みに感謝する日がマーボンの祭り。

私的にこの本「魔女の12ヵ月 」大好き。笑
文字数も多すぎず、ハーブのレシピなんかも書いてありまして。

楽しく読みやすいですよ。

お茶会をしたくなります。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました